Tel.0197-67-6161 / 岩手県北上市鬼柳町卯の木156-2

Contents Title Column

Top Img Column

Caption H3 Clumn

Caption H4 Column

バックナンバー

硬いものは歯に良い?

「硬い食べものをよく噛んで食べましょう。そうすることで脳も活性化し・・・」
よく耳にするフレーズですよね。

「何歳になっても硬いものを食べると歯が丈夫になる」のでしょうか?

まずは、「よく噛んで食べること」と「硬いものを積極的に食べること」とを混同してはいけません。たとえ、ご飯のような軟らかいものでも、よく噛んで唾液の分泌を促し、消化に役立てることはとてもよいことですが、よく噛むことと、長時間強く噛みつづけることとは別問題です。
硬い食べもの(歯ごたえのあるもの、噛み切らないと食べられないもの)が歯によいのは、せいぜい成長期の数年間のみです。その時期を過ぎたら、硬い食べものを強く噛むことはかえって歯にとっての脅威となります。
マイナスの情報のように思われるかもしれませんが、そのことを知らない方がかえってあなたにとってマイナスなのです。歯も身体と同じで、それほど頑強にはできていません。歯も疲れるのです。
噛んだときにカキッとか、ガリッという硬質な音のするものは特に要注意です。これからは、歯をいたわる気持ちが大切です。

Contents Img Tooth

あなたの年齢から、永久歯がだいたい萌えそろう12歳を差し引くと、何年になりますか?その期間、あなたの歯は毎日休まずに働いてきたのです。

煮干しやするめ等の硬いものに限らず
よく噛んで、歯も身体も健康に!

バックナンバー

東北地方太平洋沖地震メッセージ

☆9月の義援金は22,320円でした☆ 
ご協力ありがとうございました。義援金として被災地に送ります。

目指そう「8020」! 80才で20本の歯。おいかわ歯科で、虫歯・歯周病予防。

おいかわ歯科クリニックトップページ
歯医者さんのおすすめ

過去のコラム一覧

おいかわ歯科クリニック
〒024-0056
岩手県北上市鬼柳町卯の木156-2
Tel.0197-67-6161