Tel.0197-67-6161 / 岩手県北上市鬼柳町卯の木156-2

Contents Title Column

Top Img Column

Caption H3 Clumn

Caption H4 Column

バックナンバー

噛みしめ・くいしばりを防ぐために

日常生活の中で、上下の歯を噛みしめていないか自分で注意してみて下さい。歯の噛みしめやくいしばりは、はやあごに非常に大きな負担をかけます。

  1. 本来、人間の上下の歯が接触するのは、ものを噛む時と飲み込む時だけだという事を覚えておいて下さい。
  2. もし、頻繁に噛みしめやくいしばり、歯ぎしりなどをしていると、あなたの歯は摩耗し続け、あちこちにしみる感じがしたり、ひび割れが進んで、時に歯が壊れてしまう事さえあります。お口のまわりの筋肉や関節が破壊され続け、なかなか治らないという結果になることもあります。
  3. このような癖がありましたら、直ちにやめるように注意して下さい。
    一般的に自覚が無い場合が多いので、この機会に次のような症状が無いか意識してみて下さい。
    ■ 片側の上下の歯が、何かのおりにしみる事がある
    ■ 奥歯で噛むと、瞬間的にピリッと痛む事がある。
    ■ 歯の横の面が削れていて、歯が細くなったような気がする。
    ■ 朝起きたときに、首筋や肩にコリを感じる事がある。
    ■ 仕事などに夢中になっている時、ふと気付くとしっかり噛みしめていたり、舌を上あごに吸い付けてたりする事がある。
    ■ あごが開かなくなったり、明けるときに痛みを感じたりした経験がある。
    ■ 下あごの骨がごつごつしている。
    ■ 頬のまわりに筋肉が硬く、いつも緊張している気がする。
  4. 噛みしめや歯ぎしりの習慣をやめる最も効果的な方法は、唇を閉じて歯を離す感覚を覚える事です。「唇を閉じて、上下の歯を離し、頬の筋肉の力を抜く」ことを意識してみて下さい。このことを1日に何度も練習して下さい。
  5. この簡単な方法で、あごの関節とお口のまわりの筋肉は非常にリラックスし、緊張や強ばりから解放されます。また、知覚過敏が軽減し、歯の寿命も格段にのびるという事が報告されています。

  • 日中無意識的に奥歯が接触していませんか。
  • 唇を合わせた状態で上下の歯が接触していませんか
  • 起床時にあごが疲れたような感じがありませんか。首筋や肩がこっていませんか。
  • 偏頭痛がよくおこりませんか。
  • 硬い食べ物をよく食べませんか。
  • お豆腐のような柔らかい食べ物でも強く噛んで食べていませんか。
  • ガムやするめ、昆布などをいつも噛んでいませんか。
  • 早食いではないですか、ほおばって食べる癖はありませんか。

バックナンバー

東北地方太平洋沖地震メッセージ

☆9月の義援金は22,320円でした☆ 
ご協力ありがとうございました。義援金として被災地に送ります。

目指そう「8020」! 80才で20本の歯。おいかわ歯科で、虫歯・歯周病予防。

おいかわ歯科クリニックトップページ
歯医者さんのおすすめ

過去のコラム一覧

おいかわ歯科クリニック
〒024-0056
岩手県北上市鬼柳町卯の木156-2
Tel.0197-67-6161